right_image left_image

お知らせ

「孤育て」を防ぎ、子育てを地域で支えるプロジェクトについて

2018.09.21

「孤育て」を防ぎ、子育てを地域で支えるプロジェクト(協働解決型事業)を松戸市で実施しています。

社会課題が複雑多様化する中において、その問題をひとつの組織の力だけで解決しよとするのではなく、企業、NPO、行政、各種専門機関、市民などがセクターを越え、問題を共有し、さらに互いに強みやノウハウを持ち寄り協働することによって、課題解決や社会変革を実現する必要があると考えます。
ちばのWA地域づくり基金では、2016年度より多様な担い手による課題解決協働プロジェクト「社会的孤立を防ぐコレクティブインパクトモデル事業」を松戸市で実施しています。(全国コミュニティ財団協会委託・日本財団助成)

事業実施背景及び目的
少子化や核家族化が進み、共働き世帯の増加や地域のつながりの希薄化など、社会環境の変化により子育てが孤立しているといわれています。
つづき

1 / 11
ページトップ