right_image left_image

お知らせ

【参加者募集】休眠預金等活用助成事業コロナ緊急枠 事業報告会・交流会開催

2021.10.06

弊財団では昨年より休眠預金を活用し、「地域連携型アフターコロナ事業構築事業」として、新型コロナウイルス感染症の蔓延防止対策や経済活動の停滞により経済的、精神的、身体的影響を受けたひとり親家庭、子ども、高齢者、生活困窮者など社会的孤立リスクの高い層のニーズに対応する支援活動に対し、家族環境、生活環境や経済状況、地理的環境によって格差が拡大しないよう、また当事者を支える支援事業が消滅または後退することによって二次的被害が生じることがないように地域を支えていく事業を千葉県内の6つの団体と推進して参りました。
当初の予測より大幅に長引くコロナ禍ですが、今般1年の事業期間を9月30日で終えました。事業期間は完了となりますが、今回実施した事業のニーズは引き続き強いものであり、各団体でそれぞれの事業は引き続き運営されていきます。
このたび、1年の事業を振り返る6団体による事業報告会・交流会を以下のとおり開催します。
皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:2021年10月26日(火)13:30-16:30(受付13:00より)
場 所:メイプルイン幕張(幕張本郷駅徒歩3分)〒262-0033 千葉県千葉市花見川区幕張本郷1丁目12−1<地図
対 象:自治体、支援機関、ご関心をお持ちの方
内 容:6団体による事業報告・交流会
会場定員:30名(申し込み先着順)
参加お申込み:ご参加頂ける方は参加方法も含め、10月22日(金)までに下記よりお申し込みください。
https://forms.gle/BNT22KZm6yayQiuz9
※第1部はzoom配信します。zoom参加の方には前日までにURLをお送りします。
主 催:公益財団法人ちばのWA地域づくり基金
※本報告会は休眠預金等活用助成事業として実施します。

プログラム:
13:30~13:40 開会・事業概要説明
13:40~15:40 <第1部>6団体による報告・質疑応答※zoom配信
15:40~16:30 <第2部>交流会~会場の皆様との交流会~
16:30     閉会

実行団体・事業内容(順不同)
・企業組合労協船橋事業団「新型コロナにより住居を失った人の支援事業~シェルターの運営と地域への定着~」
・特定非営利法人ケアラーネットみちくさ「コロナ禍を乗り越え、共生社会をめざして~住民と専門職とがつくる互助センターの創設~」
・特定非営利活動法人 生活困窮・ホームレス自立支援 ガンバの会「仕事や住まいを無くした人の地域定着支援~ひとりにさせない伴走型支援~」
・特定非営利活動法人ダイバーシティ工房「居場所がない子ども・若者の居場所事業~リスクの高い若年女性向けシェルター運営~」
・特定非営利活動法人ワーカズコレクティブういず「キッチンカーでGO!~どこでもこども食堂&暮らしのサポート~」
・特定非営利活動法人子どもの環境を守る会Jワールド「地域と連携した貧困脱却のための自立支援~見えない壁を打ち壊すために~」

ご参加の皆様へお願い
・コロナウィルス感染予防のため、マスク着用の上、ご参加ください。
・会場での検温、手指消毒、ソーシャルディスタンスにご協力をお願いします。
・基本対面での実施を予定しておりますが、当日体調の優れない方はオンライン参加に切り替えも可能ですので、体調を万全に整えた上でご参加ください。

【休眠預金等活用助成事業コロナ緊急枠についてはこちらから】

ページトップ