イメージ

中央ろうきん 2019千葉県台風・豪雨災害支援基金(特別枠)

「中央ろうきん 2019千葉県台風・豪雨災害支援基金」について
公益財団法人ちばのWA地域づくり基金では、中央労働金庫様、中央労働金庫労働組合様からの寄付120万円を原資に「中央ろうきん 2019千葉県台風・豪雨災害支援基金(特別枠)」を設けました。
千葉県南部において中長期的な被災者支援活動を行う、千葉県内に拠点を置く団体等へ助成を行います。

※中央労働金庫は1都7県を営業エリアとし、労働組合などの働く人の団体、広く市民の参加による団体に対し、人々が喜びをもって共生できる社会の実現を目指している金融機関です。
今回の寄付金は、中央労働金庫と中央労働金庫労働組合が労使で行ったカンパ活動により、中央労働金庫の営業エリア内でもある千葉地区の被災地のみなさまが、一日も早く、安全に安心して暮らすことができるよう、全役職員の復興・復旧支援に対する思いから集められたものです。

【選考結果について】
「中央ろうきん2019千葉県台風・豪雨災害支援基金(特別枠)」の助成先団体を選定するため、去る2月14日に選考委員会を開催し、応募案件について厳正なる審査を行ったところ、下記の通り助成先団体が決定しました。

申請件数:6件
採択件数:4件、保留:2件
※保留の2団体には資金使途の見直し、再提出を求める。

【選考基準】
(1)本基金の助成趣旨や条件に合致しているか
(2)必 要 性:被災地のニーズを反映したものか、またニーズ把握ができているか
(3)事業効果:助成事業の実施が被災地支援や復興に効果的なものかどうか
(4)実 行 力:実施体制がととのっているか、実施に対して強い思いがあるか
(5)資金管理:寄付が原資の基金が適正に活用されるか、金額が妥当か

【助成先団体】
No.1 特定非営利活動法人ディープデモクラシー・センター(鴨川市):地域のニーズを把握し、長期化する支援のあり方を構築するための集落全戸調査事業(実施地域:富津市豊岡・鋸南町吉浜)200,000円
No.2 つなぐCHIBAプロジェクト(千葉市):被災者と支援者をつなぐ「ボランティアバス」の運行(実施地域:南房総市・鴨川市)200,000円
No.3 災害ボランティア団体らしんばん(佐倉市):千葉県南部における継続的な災害復興支援ボランティア事業(実施地域:富津市・鋸南町・南房総市・館山市・鴨川市)200,000円
No.4 ボランティアグループB3(南房総市):被災者支援とボランティア研修のための専門講師招致事業(実施地域:鋸南町)200,000円

【選考委員会総評】
今回の審査は、提案された6件のうち4件が採択、2件が保留という結果となりました。
本選考会におきましては選考基準に基づき、特に各々の申請内容が被災地域の復旧、復興にどのようにつながるのか、申請団体の実績や強みが活かされているのか、地域に根付く設計または今後の災害時につながる設計がされているか、という点を重視しながら審査を進めました。
いずれの申請案件とも短期的、単発的な取り組みにとどまらず、将来的に地域住民の自発性・主体性を促進するような取り組みに広がるよう期待します。
合わせて本基金の支援を受けた団体の活動について、報告会等を通じて貴財団が千葉県内外に発信し、台風による暴風雨がもたらした甚大な被害と復興への困難な状況を多くの方に知っていただく機会となることを祈念いたします。

【選考委員】
岩村 真奈美(中央労働金庫総合企画部上席調査役)
戸谷 久子(千葉興業銀行社外取締役)
関谷 昇(公益財団法人ちばのWA地域づくり基金理事長)
岩永 牧人(公益財団法人ちばのWA地域づくり基金理事)
<外部委員>
鷹野 秀征(JEBDA 新興事業創出機構理事長、公益財団法人パブリックリソース財団理事)

「中央ろうきん2019千葉県台風・豪雨災害支援基金(特別枠)」助成募集要項
助成事業申請書

お問い合わせ
公益財団法人ちばのWA地域づくり基金
〒260-0033 千葉市中央区春日1-20-15篠原ビル301
TEL:043-239-5335 FAX:043-239-5336
E-mail:info@chibanowafund.org
ホームページ:https://chibanowafund.org

ページトップ