イメージ

事業指定プログラム 助成先

寄付の使い道と効果が見えるプログラム「事業指定助成プログラム」助成先一覧

自分の暮らす地域のためにお金を使ってほしいが、どこに寄付したらいいのかわからない、自分の寄付がどのように役立ったのか実感がわかない、といった声がよく聞かれます。
大切なお金を未来への願いとともに託すことができるようにと、事業指定助成プログラムは、寄付者が応援したい事業を選んで寄付することができます。
助成先に選ばれている事業は、いずれも地域課題の解決やよりよい地域社会につながる「信頼性」と「公益性」の高い事業です。寄付募集活動を通じて事業や組織の強化、資金だけではなく新たな支援者の拡大にもつながっています。

第2期採択事業(5事業)

団体名 NPO法人千葉アレルギーネットワーク
事業名(寄付募集事業) アレルギーを持つ親子が安心して外食できる「ノンアレカフェ」開催事業
活動地域 四街道市
助成額(助成申請金額) 202,319円(645,740円)
事業概要と成果 食物アレルギーがあっても安心して食事ができたり、相談ができる場所を提供しました。また食物アレルギーの現状を知ってもらうことができました。
食物アレルギーは、加工食品の表示がわかりにくい、外食ができない、給食の対応をしてもらえないなど、母親の負担が大きいのが現状です。そこで、安心して食事ができ、アレルギーの相談ができる場所として四街道市のコミュ二ティレストラン「さくらそう」で月に一度「ノンアレカフェ」開催しました。全国にもこのようなカフェは珍しく、先駆的な取り組みとして新聞やテレビの取材も受けました。
アレルギーのある家族の皆さんは、安心して食事ができるので、2度3度と来ていただいています。アレルギーのない方にもアレルギー対応食が美味しいことを体感していただき、食物アレルギーのことや団体の活動を知っていただくことができました。
また企業からの賛助の申し出も2社いただくことができました。
団体からのメッセージ カフェに来てくださる方、寄付をしていただいた方のメッセージから、このようなカフェを必要とする方々がいること、また活動を支援してくださる方がいることを実感することができました。事業を行いながら寄付募集活動をするのは大変でしたが、カンパイチャリティキャンペーンで支援してくださった店舗もあり、このプログラムに参加して得られたこともたくさんありました。今後はノンアレカフェはもちろんですが、アレルギー大学など食物アレルギーの正しい知識を普及する活動を続けていきます。
団体HP http://www.chiba-allergynet.jp
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1540160429

 

団体名 NPO法人子ども劇場千葉県センター
事業名(寄付募集事業) 病気と向き合う子どもが笑顔になる贈り物事業
活動地域 千葉市他
助成額(助成申請金額) 640,990円(540,000円)
事業概要と成果 病気による長期入院・療養・通院を余儀なくされ、友達と思いっきり遊ぶことや家族とふれあうことが制限されている子どもたちに対し、クラウン、人形劇、音楽などプロによるパフォーマンスを届けました。訪問した下志津病院と千葉東病院はともに重症心身障がい児が長期療養している病院で、普段はあまり声を発することや、表情の変化が少ない子どもたちですが、コンサートでは歌や音楽に合わせ声を出したり、足を動かしたりと、その子らしく楽しさやうれしさを表現していました。コンサート中に保護者が子どもの背中をとんとんとたたき一緒にリズムをとったり、歌を口ずさんだりと穏やかな癒しと心安らぐひとときとなりました。「何より子どもたちの笑顔と病院外からの支援がうれしい」と話してくれ、子どもと保護者の励ましにつながりました。
また忙しい合間をぬってドクターや看護師も一緒に参加し、病棟での子どもたちとは違う姿や笑顔に驚いていました。
なかなか外出できないこともあり、病院外の人と出会い刺激を受けることが子どもたちにとってはとても大切であるとの評価をいただき、今後も継続していく必要性を感じました。
団体からのメッセージ 団体の活動資金を集めるために寄付を依頼して結果を出す事は、なかなか難しいと感じていました。今回の寄付募集活動で、たくさんの方から支援を頂けた事は、私たちの励みにもなり、今後の資金獲得をして行く上での大きなステップとなりました。
団体HP http://chiba.gekijou.org/
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1695893071

 

 

団体名 企業組合あしたね 障害福祉サービス事業所「明日の種」
事業名(寄付募集事業) 長作に「明日の種」をまく~障がい者と地域の人々をつなぐ畑再生プロジェクト~
活動地域 千葉市
助成額(助成申請金額) 138,705円(100,000円)
事業概要と成果 施設のある千葉市花見川区長作町の耕作放棄地を借り、施設を利用している障がい者の体力回復や心の安定、作業工賃の向上のために畑再生活動を行いました。
うつ病で休職中の社会人3名を受け入れ、それぞれ職場復帰につながりました。特別支援学校教職員や千葉刑務所の就労支援ワーカー、花見川区保護観察官などの見学会や、学生の実習を受け入れも行いました。
助成金では鍬や鎌、夏野菜の苗、種、肥料等を購入し、畑の看板も手作りしました。ほぼ何もないところからのスタートで、ご協力いただいた方々の寄付金で購入することができ、本当に感謝申しあげます。
団体からのメッセージ 長作町にある施設の周りは、農家の高齢化に伴い耕作放棄地がたくさんあります。施設から歩いて通える場所に畑が借りられれば日常的に作業を行うことができ、地域の人たちとの交流も密になります。地元の農家の方に指導してもらえば私たちでも畑ができるのではと考え、畑再生プロジェクトを始めました。農作業はメンバーの体力増進、精神の安定につながります。
また、取り組みがメディアに取り上げられたことで、思いもよらない様々な方面からの関心や支援を受けることができました。
活動の認知が広まったことから2年間で、畑の面積も増えました。また、私たちの畑で養蜂をしたいという養蜂家と知り合い、純花見川産のはちみつ生産が始まりました。
「明日の種」のコンセプトである「働く場所」の拡充が着々と進んでいます。
団体HP http://www.ashitane.jp/index.html
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1208084093

 

団体名 はぐくみの杜を支える会
事業名(寄付募集事業) 児童養護施設を退所する子どもたちの自立を支える「はばたき基金」
活動地域 君津市
助成額(助成申請金額) 1,708,442円(1,000,000円)
事業概要と成果 児童擁護施設を退所する子どもたちが安心して社会に巣立っていけるよう、自立のための資金の支援を行う。
児童養護施設の制度について多くの人に知ってもらうために、県内6ヵ所で説明会を実施、チャリティコンサートやチャリティパーティーを実施しました。寄付募集を通じて、いかに知ってもらうか、いかに伝えるかということを、考えるきっかけとなりました。
また、様々な場面で呼びかけていくこと、いろいろな場所に出向いていき、活動を知ってもらうことの大切さを実感しました。
2013年度は生活クラブ風の村はぐくみの杜君津には、自立支援の必要な子どもはいませんでした。そのため、集まった寄付については、次年度以降の自立支援に備えます。
団体からのメッセージ 児童養護施設に暮らす子どもは施設にいる間は十分とは言えませんが、生活は保障されています。しかし、施設を巣立っていく子どもへの支援は不十分です。精神的にも金銭的にも頼るべき大人がいあない状態で社会に出なくてはならない子どもたちのために寄付募集活動を行ってきました。寄付募集を行うことで、活動内容をいかに伝えるかを考えるきっかけとなりました。また、様々な場面や場所に出向いて呼びかけていくことの大切さを実感しました。
団体HP http://www.hagukuminomori-sasaerukai.vaic-cci.jp/
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1062282601

 

団体名 認定NPO法人外国人の子どものための勉強会
事業名(寄付募集事業) 外国人の子どもたちの学びを支援する事業
活動地域 松戸市
助成額(助成申請金額) 285,854円(300,000円)
事業概要と成果  孤立しがちな外国人の子どもたちが安心して学べる場をつくる。日本語&数学・作文教室の開催、交流会の開催。
日本語&数学・作文教室は例年10月に入ると、中学3年生の生徒が急に増えます。2013年度は松戸市に限らず、印西市、香取市、野田市など遠方から通ってくる生徒も加わりました。高校受験に向けて頑張り、受験生は全員合格、進学しなかった子どもも進路が来ましました。交流会は3回開催し、9月は「外であそぼう会」、12月は「おやこ会」、3月は「卒業おめでとう会」を行い、述べ117名が参加しました。外国人の子どもと親御さん、日本人の子どもが集い、皆で楽しいひと時を過ごしました。
団体からのメッセージ 松戸市内小・中学校で学ぶ外国人の子どもが300人を超えました。市教委は日本語指導が必要な子どもたちに日本語指導員を派遣しています。しかし、日常会話はできるようになっても、学習の中にでてくる日本語がわからないため授業について行けない子どもがたくさんいます。教室に通って来る子どもたちは、「学校の授業がわかるようになりたい」と思っています。
当会は外国人の子どもたちを日本語が話せるようにするだけでなく、きちんと学校の勉強についていかれるようにすること、一人ひとりの子どもがどんなことに困っているかを見極めながら支援しています。
日本語を教えるために集まった団体なので、寄付集めに抵抗のあるスタッフもいましたが、2年間力を合わせて寄付活動を行い、成果を上げることができました。
団体HP http://gaikokukodomo.wordpress.com/
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1332240892

第1期採択事業(7事業)

団体名 NPO法人子ども劇場千葉県センター
事業名(寄付募集事業) 病気と向き合う子どもが笑顔になる贈り物事業
活動地域 千葉市他
助成額(助成申請金額) 217,615円(100,000円)
事業概要と成果 病気による長期入院・療養・通院を余儀なくされ、ともだちと思いっきり遊ぶことや家族とふれあうことが制限されている子どもたちに対し、クラウン、人形劇、音楽などプロによるパフォーマンスを届けました。訪問した下志津病院と千葉東病院はともに重症心身障がい児が長期療養している病院で、普段はあまり声を発することや、表情の変化が少ない子どもたちですが、コンサートでは歌や音楽に合わせ声を出したり、足を動かしたりと、その子らしく楽しさやうれしさを表現していました。コンサート中に保護者が子どもの背中をとんとんとたたき一緒にリズムをとったり、歌を口ずさんだりと穏やかな癒しと心安らぐひとときとなりました。「何より子どもたちの笑顔と病院外からの支援がうれしい」と話してくれ、子どもと保護者の励ましにつながりました。
また忙しい合間をぬってドクターや看護師も一緒に参加し、病棟での子どもたちとは違う姿や笑顔に驚いていました。
なかなか外出できないこともあり、病院外の人と出会い刺激を受けることが子どもたちにとってはとても大切であるとの評価をいただき、今後も継続していく必要性を感じました。
団体HP http://chiba.gekijou.org/
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1695893071

 

団体名 企業組合あしたね 障害福祉サービス事業所「明日の種」
事業名(寄付募集事業) 長作に「明日の種」をまく~障がい者と地域の人々をつなぐ畑再生プロジェクト~
活動地域 千葉市
助成額(助成申請金額) 69,171円(300,000円)
事業概要と成果 施設のある千葉市花見川区長作町の耕作放棄地を借り、施設を利用している障がい者の体力回復や心の安定、作業工賃の向上のために畑再生活動を行いました。
うつ病で休職中の社会人3名を受け入れ、それぞれ職場復帰につながりました。特別支援学校教職員や千葉刑務所の就労支援ワーカー、花見川区保護観察官などの見学会や、学生の実習を受け入れも行いました。
助成金では鍬や鎌、夏野菜の苗、種、肥料等を購入し、畑の看板も手作りしました。ほぼ何もないところからのスタートで、ご協力いただいた方々の寄付金で購入することができ、本当に感謝申しあげます。
団体HP http://www.ashitane.jp/index.html
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1208084093

 

団体名 はぐくみの杜を支える会
事業名(寄付募集事業) 児童養護施設を退所する子どもたちの自立を支える「はばたき基金」
活動地域 君津市
助成額(助成申請金額) 1,392,638円(1,000,000円)
事業概要と成果 児童擁護施設を退所する子どもたちが安心して社会に巣立っていけるよう、自立のための資金の支援を行う。
児童養護施設の制度について多くの人に知ってもらうために、県内6ヵ所で説明会を実施、チャリティコンサートやチャリティパーティーを実施しました。寄付募集を通じて、いかに知ってもらうか、いかに伝えるかということを、考えるきっかけとなりました。
また、様々な場面で呼びかけていくこと、いろいろな場所に出向いていき、活動を知ってもらうことの大切さを実感しました。
2013年度は生活クラブ風の村はぐくみの杜君津には、自立支援の必要な子どもはいませんでした。そのため、集まった寄付については、次年度以降の自立支援に備えます。
団体HP http://www.hagukuminomori-sasaerukai.vaic-cci.jp/
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1062282601

 

団体名  認定NPO法人外国人の子どものための勉強会
事業名(寄付募集事業) 外国人の子どもたちの学びを支援する事業
活動地域 松戸市
助成額(助成申請金額) 222,532円(1,700,000円)
事業概要と成果  孤立しがちな外国人の子どもたちが安心して学べる場をつくる。日本語&数学・作文教室の開催、交流会の開催。
日本語&数学・作文教室は例年10月に入ると、中学3年生の生徒が急に増えます。2013年度は松戸市に限らず、印西市、香取市、野田市など遠方から通ってくる生徒も加わりました。高校受験に向けて頑張り、受験生は全員合格、進学しなかった子どもも進路が来ましました。交流会は3回開催し、9月は「外であそぼう会」、12月は「おやこ会」、3月は「卒業おめでとう会」を行い、述べ117名が参加しました。外国人の子どもと親御さん、日本人の子どもが集い、皆で楽しいひと時を過ごしました。
団体HP http://gaikokukodomo.wordpress.com/
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1332240892

 

団体名 NPO法人子ども劇場千葉県センター
事業名(寄付募集事業) 電話でつながるこころの居場所「チャイルドライン千葉」
活動地域 千葉県
助成額(助成申請金額) 124,619円(100,000円)
事業概要と成果  18歳までの子どもがかける子ども専用の常設電話「チャイルドライン」。千葉県内65万人の児童・生徒全てに「チャイルドライン」の情報が届くようカードを作成、配布する。
カードを15 万枚作成、千葉県内の小中高校に配布することができました。また、受け手ボランティア養成講座を10回、受け手ボランティアスキルアップ研修会を9回開催しました。研修会により、子どもの声を聴く受け手ボランティアのブラッシュアップができ、新人の受け手を16名確保でき、基盤が強化されました。
団体からのメッセージ 「チャイルドライン千葉」は電話をかけてきた子どもの気持ちに寄り添い、否定せずに受け止めることで子ども自身の問題の解決を図っていきます。子どもたちにチャイルドラインの存在を知ってもらうことが大切なので、カードの作成と配布を行いました。カードを見てかけてきたという子どもからの電話も多数あり、カードの必要性を改めて感じています。
また、本プログラムにエントリーしたことで、様々な団体に出会い、協力を得ることができました。悩みを抱えている子どもだけでなく、圧倒的に多い一見何事もないように見える子ども自身の気持ちを受け止めるための「チャイルドライン千葉」は、今後ますます必要とされていくと思います。もっと発信力を高めて事業の認知に努めていきたいと思います。
団体HP http://chiba.gekijou.org/
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1695893071

 

団体名 印旛沼イメージソング「HomeTown」プロジェクト実行委員会
事業名(寄付募集事業) 印旛沼イメージソング「HomeTown」プロジェクト写真コンテスト開催事業
活動地域 佐倉市
助成額(助成申請金額) 18,080円(200,000円)
事業概要と成果  環境省水質状況調査でワースト1になった印旛沼の豊かな生態系、ふるさとの情景を守るため、写真コンテストを開催。応募作品をもとにミュージックビデオをつくり、写真展を開催しました。
団体からのメッセージ 地域で活動するミュージシャンと、企業に勤務するメンバーが印旛沼の浄化活動の必要性を広く知ってもらい、行動を起こしてもらうために設立しました。
印旛沼に関連した家族との思い出の写真コンテストを開催。また写真を応募してくれた方々と一緒に印旛沼イメージソング「HomeTown」のミュージックビデオを作成しました。参加者一同、印旛沼への愛着を共有し、忘れられない思い出となりました。コンテストに入賞した写真は、千葉そごうなどで、ミュージックビデオとともに展示を行いました。
寄付募集活動の難しさを実感するとともに、理念に賛同して寄付していただいた方の「気持ち」をお預かりすることの重みは金額に換算できないとも感じています。
団体HP http://www.t-net.co.jp/hometown/
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1145229298
団体名 NPO法人バランス21
事業名(寄付募集事業)  谷津田再生と湧き水・周辺山林整備で「いい場所づくり」
活動地域 千葉市
助成額(助成申請金額) 58,680円(1,500,000円)
事業概要と成果  千葉市若葉区谷当町で耕作放棄地の開墾、米づくり、放棄されている湧水の池の調査・整備、生き物調査と観察会などを行い、生物多様性のある里山環境の復元を目指す。環境にやさしいバイオトイレを設置し、近隣住民のみならず都市住民も参加、交流できる場所をつくる。
バイオマストイレは購入できませんでしたが、他の助成金と合わせて設置の見通しが立ちました。
団体からのメッセージ 里山整備は、次世代へ豊かな自然を残していくための大事な事業です。イベントを数多く行い、子どもから大人まで活動の大切さを理解してもらっています。そのため、中心になって寄付集めを行う担当者を決められず、寄付活動が積極的にできませんでした。しかし、いろいろな団体と知り合うことができ、刺激になりました。
団体HP http://balance21.jimdo.com/
ちばNPO情報館での情報開示 http://fields.canpan.info/organization/detail/1281176972
ページトップ