right_image left_image

4‐Aいすみ・鴨川・館山など広域を結んでの地域活性化プロジェクト「房総ジャンボリー」

【第4期の寄付募集は終了しました】南房総各地でまちづくり活動に取り組む団体が連携して、特に首都圏に向けて房総の魅力を発信していきます。

寄付募集総額:
1,200,000円
現在の寄付総額:
86,884円
実施団体:
NPO法人いすみライフスタイル研究所・房総ジャンボリー実行委員会
実施期間:
2015年4月1日~2016年3月31日

団体からのメッセージ

房総暮らしを楽しみ、大切にし、地域に根差した活動をする人々が集結しました。 地域の文化的魅力を発信し、様々つながりあう機会である「房総ジャンボリー」は、イベントの開催にとどまるものではなく、活力ある地域の創造をめざし具体化していく活動です。 様々な課題を抱えるこの地域にはより多くの皆様のお力が必要です。「房総ジャンボリー」を通じ、心躍る「房総時間」とそこから生まれる「今」とつながる「未来」を共にお楽しみ頂きたいと強く願います。「皆様、お一人お一人が楽しむ活力ある房総地域の創造」への投資として私達の新たなチャレンジ「房総ジャンボリー」への寄付をどうぞよろしくお願いいたします。 (理事長 高原和江)

事業の目的

いすみ市をはじめ、房総半島の郡市町村は、慢性的な人口減少に直面しています。日本創成会議が発表した「消滅可能性896市町村リスト」では 、房総半島のうち、圏央道の外側の地域が特に厳しい状況にあると指摘しています。いすみ市では、他地域からの移住・定住促進活動の取り組みが行われ、私たち「いすみライフスタイル研究所」も、2010 年度から「いすみ市いなか暮らし情報発信事業」を受託し、市や協議会と協力し、移住定住促進に向けて活動を続けてきました。こうした官民協働の取り組みの成果もあってか、就業者人口の減少には歯止めがかかってきているのですが、まだ自然減を食い止めるほどにはなっていません。このような状況はいすみ市だけの問題ではなく、近隣の市町村にも同じことが言えます。これからは行政主導の取り組みに加え、誰よりも地元の将来を案じている人たちが連携して、地域の資源や魅力の発信を継続していく必要があると考えます。

事業の概要

近隣地域の団体と連携し、特に首都圏都市部に向けて「房総暮らしの魅力」をより強く発信していきます。 1.房総在住アーティストによる音楽・芸能イベント「房総ジャンボリー Live」を開催 「房総ジャンボリー Live.1」は10月25日(日)、800余年の歴史ある鴨川・天津神明宮の 20 年に一度の式年鳥居木曳祭の締めくくりのイベントとして開催します。 さらに「房総ジャンボリーLive.2」を2016年3月20日(日)に開催決定! 「房総暮らしを楽しむ」をコンセプトに開催されている他のイベントとも連携し、地域をあげてこの活動を盛り上げていきます。イベントを通じて、首都圏および地域間での対流人口、房総ファンを増やしていきます。 2.房総暮らしの楽しさをアピールするパンフレットを作成 「観光」とは違う、多種多様な「房総暮らしの魅力」を紹介するパンフレットを2万部作成し、首都圏の方々に配布します。

事業の対象:
実施する地域:
いすみ市、鴨川市、館山市など
実施期間:
2015年4月1日~2016年3月31日

これまでの活動の様子

これまで、房総半島で「移住・定住活動」を行っているNPOなど民間団体が集まり、連携を取りながら「移住・定住」促進を盛り上げようと情報交換をゆる~く開催してきました。
その中で、房総での生活を楽しみ、人々が集う機会を広域で連携して創造し、首都圏や全国に房総をアピールしよう!と「房総ジャンボリー」を企画しました。
10月25日(日)「房総ジャンボリーLive.1」ご報告http://bosojambo.com/
4-A_member 4-A_meeting2

◆私たちもともに活動しています!

4-A_yashiro
●NPO法人おせっ会理事長 八代健正
房総ジャンボリーを通して実現する価値観のシェアは、未来の地域創造を面白い形で広げてゆくことでしょう。
房総で生きる喜び、プライドを表現するこのイベントは移住促進活動の新しく、実に現実的な在り方を感じる半島進化の序章です。

4-A_yamabe
●作曲家・いすみ現代文化振興会代表 山辺義大
小学生の娘は学校帰りに、たんぽぽやつくしなどを摘んで帰ってきます。
最新のテクノロジーを駆使しながら、美味しい空気や新鮮な食材など、房総暮らしを楽しみつつ創作活動に励んでいます。
このジャンボリーを機に、この先進的生活の素晴らしさを多くの人に知って頂ければ、と願っています。

4-A_okano
●かもなび実行委員会委員長・天津神明宮禰宜 岡野大和
古代西方から海路を通じていち早く文化が伝わった房総の地が満を持して、再び時代の先駆けとなる時がやってきました。
房総に息づく、個性あふれた輝く人たちがつながり、志を共有し、新たな地域が築かれていく近未来に、房総人として心ワクワクしています。

「房総ほろ酔いジャンボリーTokyo」開催

<終了しました>
房総の魅力をたっぷり聞きながら、いすみ市の日本酒やチーズを味わいボサノヴァを聞く、贅沢な企画です。平日東京での開催ですので、ぜひお仕事帰りにお立ち寄り下さい。
場所:ソーケンソーシャルサロン(地下鉄茅場町駅から徒歩5分)
参加費(2,000円)の一部が、「房総ジャンボリー開催費用」に充てられます。
第1回:8月26日(水)、第2回:9月30日(水)、第3回:11月17日(火)いずれも19時〜21時
horoyoi_jamboree

今後の活動予定:

【終了】4月5日(日)10:30~16:00天津神明宮(鴨川市天津2954)にて「房総ジャンボリーLive.0」を開催。 【終了】8月26日(水)、9月30日(水)、11月17日(火)「房総ほろ酔いジャンボリーTokyo」を開催します。 【終了】10月25日(日)「房総ジャンボリーLive.1」を開催します。 2016年3月20日(日)「房総ジャンボリーLive.2」開催決定!

この事業への寄付総額
86,884
寄付募集目標額
1,200,000円
(2015年4月1日~2016年3月31日)
寄付する

事業概要

団体名NPO法人いすみライフスタイル研究所・房総ジャンボリー実行委員会
所在地〒299-4692 千葉県いすみ市岬町長者475
代表者理事長 高原 和江
電話0470-62-6730
FAX0470-62-6731
詳細情報さらに詳しい公開情報はこちら
ページトップ