right_image left_image

お知らせ

【参加者募集】「いちはらの未来を考える地域円卓会議」(2018.12.1)

2018.11.04

ichihara_entaku

「地域円卓会議」は地域社会において多様な主体が連携することをめざし、テーマ(課題)を共有し、アイデアと知見を持ち寄り、ネットワークを構築するための対話の場です。企業・行政・地域・学識・メディア等、多様な見地を有するメンバーが一堂に会し、提示された課題を多角的な視点から考察し、解決をめざして議論します。

【テーマ】「10年後の団地の姿から地域づくりを考える」
論点提供者:平山 満さん(若宮団地連合自治会 会長)
若宮団地は高度成長期に開発された団地で、入居から半世紀が経ちました。高齢化率は44%と市原市内の団地で最も少子高齢化が進んでいます。
連合自治会としては「団地の若返り・まちづくり」を喫緊の課題として「まちづくり委員会」を立ち上げ、様々な課題に取り組んでいます。
住民による子育て支援や高齢者支援等の地域福祉活動も活発に行われている一方で、唯一のスーパーが閉店、空き家が増加、担い手の高齢化、地域内の人口の偏りなど新たな課題も顕在化してきています。
10年後、20年後も安心して暮らせるまちになるために、課題を共有し、次の一手としてどのような仕組みがあったらいいかを考えたいと思います。

日時:2018年12月1日(土)13:00〜17:00(受付開始12:15〜)
会場:夢ホール(市原市更級1-9-8TTECビル1階
対象:中学生以上であればどなたでも参加できます
定員:50名
参加費:無料
主催:公益財団法人ちばのWA地域づくり基金
共催:市原市
申し込み方法・お問い合わせ:下記の申込みフォームから、またはお名前・年齢・ご所属・連絡先をご記入の上、FAXまたはメールで公益財団法人ちばのWA地域づくり基金までお申し込みください。
FAX:043-239-5336 メール:info@chibanowafund.org
【申込みフォーム】
https://goo.gl/forms/8hSPgqNUW2PwvTpZ2
申込締切:11月27日(火)

【タイムテーブル(予定)】
13:00 オープニング~あいさつ~
13:10 論点提供
13:35 セッション1(着席者紹介)
14:25 サブセッション兼休憩
14:45 セッション2(会場全体で意見交換)
15:40 まとめ
16:00 終了
16:00~17:00 交流会

【着席者(予定)】
若宮団地連合自治会、市原市市民活動支援課、小域福祉ネットワーク、学識者、事業者、メディア、金融機関等を予定しています。

※この地域円卓会議は、「寄付月間2018公式認定企画」として開催します。

1 / 11
ページトップ