right_image left_image

【寄付募集終了】3-A発達障害を持つ青年の一人暮らし体験支援事業

発達障害を持つ青年が、将来一人きりになっても地域の中で自立して生きていくことができるよう、希少なプログラム「一人暮らし体験」を提供します。<寄付募集終了しました。ありがとうございました。>

寄付募集総額:
600,000円
現在の寄付総額:
90,800円
実施団体:
NPO法人ウィズ柏
実施期間:
2014年10月1日〜2015年9月30日

団体からのメッセージ

発達障害を持つ人の為の居場所オフィス・イン柏を運営。 多様な活動の一つに「柏の街の中で一人暮らし体験」を実施しています。 重要事項の説明を受けて、日常の社会と変化を体感していくと、不安が減少し生き生きと自信がついていきます。一人暮らしが選択できる社会であってほしいと願っています。(理事長 木村史子)

事業の目的

進学や就職で親元を離れ、一人暮らしをすることは特別なことではありませんが、発達障害を持つ方は、社会に適応することが難しいため、親元を離れ一人で生活していく自信を持てません。 現在は親に頼りながらの生活でも、将来必ずやってくる親との別れは、障害を持つ本人や家族にとってとても深刻です。家族とのつながりがあるうちに自立していく練習が必要となります。 ところが、「一人暮らし体験」事業を行う事業所自体が希少である上に、本人が自立を願って「一人暮らし体験」を希望しても、自治体により補助金交付の条件が違う、個人が既に利用している福祉サービスの限度を超えているため補助金が交付されないなど、希望者すべてが利用できるわけではありません。将来に不安を抱えたまま生きていくのは、障害があるなしに関わらず辛いことです。 そこで私たちは「一人暮らし体験」を希望する人すべてが平等なサービスを受けることができるよう、補助金が交付されない方に対して寄付で解決したいと考えます。

事業の概要

「一人暮らし体験事業」は、自立につながる社会体験プログラムの一つとして2014年度で5回目を迎え、これまでのべ26人の青年が530日間の体験をしました。障害の程度や特性について理解を深めるために繰り返し面談を行い、一人ひとりに合ったプログラムを作り、集合住宅とはどういうものか、近所との付き合い、ゴミ出しのルール、お金の管理、貸し主や管理会社との関係など、将来自分自身で責任を持たなくてはならないことを体験・理解することが社会的自立につながる大きな自信になりました。 多くの支援があれば、今まで体験できなかった青年たちにもチャンスが生まれます。 一人暮らしを希望する人が社会へ大きな一歩を踏み出す機会を提供します。

事業の対象:
千葉県内の発達障害を持つ青年(特に補助金が交付されない方)
実施する地域:
主に柏市
実施期間:
2014年10月1日〜2015年9月30日

これまでの活動の様子

NPO法人ウィズ柏は、発達障害を持つ20才以上の青年の自立と育成に寄与することを目的に活動しています。
個別相談、就労支援、余暇活動、社会体験、生活訓練など様々な事業を実施しています。
「一人暮らし体験事業」は2014年度で5回目を迎え、これまで26人の青年が530日間の体験をしました。
3-A-3  3-A-2

【団体の詳細情報】http://fields.canpan.info/organization/detail/1709921280

[利用者Aさんより]
数年間体験して過ごし方のパターンが出来て毎日落ち着いて暮すことが出来た。
忘れ物があっても考え方を変えてやり過ごした。
照明器具が点滅したが様子見してやり過ごし報告をした。
いつも突然に起こりえるが特に大したことにはならない。
退去時の清掃はばっちりできて褒められた。経験は安定。

[応援メッセージ]
☆柏市地域生活支援センター あいネット所長 永桶静桂さんより
「ウィズ柏さんの特徴は何といっても一人ひとりに根気強くつきあう姿勢と徹底したきめ細かさです。発達障害の方のその人なりの自立に向けて、予測できることとやってみて気づくこと、失敗を早めに発見し対処する、それが優れたケーススタディになることを確信します。」

☆かしわ地域若者サポートステーション総括コーディネーター 林 真理さんより
「賃貸住宅に詳しい木村さんならではの事業です。一人暮らしは就労と並んで自立への一歩として大変重要なテーマだと思います。私自身若い頃の一人暮らしでずいぶん成長しました。オーストラリアのIndependent Living Programのような自立支援プログラムに発展してほしいです。」

◆選考委員からのメッセージ
この事業は必要性、先駆性があり、行政支援だけでは制約があるため寄付は必要になってきます。将来、「一人暮らし体験事業」が福祉分野のプログラムに取り入れられるよう、寄付募集と同時に支援の必要性が認知されるよう期待します。

◆寄付者からのメッセージ
・「自立支援につなげてください。」

今後の活動予定:

この事業への寄付総額
90,800
寄付募集目標額
600,000円
(2014年10月1日〜2015年9月30日)
寄付する

事業概要

団体名NPO法人ウィズ柏
所在地〒277-0005 柏市柏5-8-16−B
代表者理事長 木村 史子
電話04-7100-8640
FAX04-7167-8270
詳細情報さらに詳しい公開情報はこちら
ページトップ