right_image left_image

3-C「ただいま」「おかえり」という当たり前の会話を知らない中高生の、すべてを受け入れる居場所「ユースペース」運営事業

生きづらさを感じている中高生が、安全で安心して集まれる場所「ユースペース」を運営します。

寄付募集総額:
280,000円
現在の寄付総額:
77,000円
実施団体:
NPO法人子どもの環境を守る会Jワールド
実施期間:
2014年10月1日〜2015年9月30日

団体からのメッセージ

「おかえり、ただいま」を家で言ったことも聞いたこともないという若者が「ユースペース」に集まってきます。少しずつ「おかえり」に笑顔で答えてくれるようになります。「あなたは大切」と親からも誰からも言われたことがない若者に伝えたいです。「あなたは高価で尊い宝物だよ」と。(理事長 三浦輝江)

事業の目的

核家族化や少子高齢化が進み、地域とのつながりが薄れる中、困難な問題を抱えている家庭が増え、育児放棄や児童虐待の問題が深刻化しています。 私たちが活動している松戸市は、児童虐待件数が千葉県の中で第2位であり、乳幼児のための子育て支援は幅広くなされていますが、中高生の支援はまだまだ手が届いていない状況です。  ユースペースに来る多くの中高生は、「ただいま、おかえり」の当たり前の会話を知らなかったり、親から食事を作ってもらえずいつも空腹だったり、学校の授業についていけず、進学することも仕事を見つけることもあきらめてしまうという子どもたちです。家族の暖かさや人の優しさを知らずに育った彼らは将来に失望したままニートになるか、家に引きこもるか、最悪の事態は犯罪に走ってしまうこともあります。 「ユースペースに来る一人」は私たちにとってかけがえのない一人です。その「ひとり」に手を差し伸べることが必要です。

事業の概要

「ユースペース」は単なる場所の提供ではなく、肉体的にも精神的にも安全であること、安心できること、すべてを受け止めてくれる大人がいることが必要です。 異年齢の人たちと夕食をともにしたり、季節の行事を皆で祝ったり、自然体験活動をすることで人の温かみを感じ、心が満たされることで、自分の存在意義を確認し、将来の希望を見いだし、自立への一歩を踏み出すことができます。 みなさまからの寄付は、中高生の食材費に活用します。 制度にしばられた行政ではできない、柔軟な対応を大切に、ユースペースを運営します。

事業の対象:
松戸市近隣に住む中高生
実施する地域:
松戸市
実施期間:
2014年10月1日〜2015年9月30日

これまでの活動の様子

乳幼児期から思春期までの子育て中の親と子どもの支援、子どもが安心して成長できる健全な環境づくり、居場所づくりを目指して活動しています。
小学生のボランティア精神を育てる「Jキッズ」、中高生の居場所「ユースペース」、子育てセミナー・父親のための子育てセミナー、松戸市委託事業「おやこDE広場」、松戸市協働事業「ゲットユアドリーム」などを実施し、幅広い年代の子どもたちとその親が交流をしています。
3-C-1 3-C-3

【団体の詳細情報】http://fields.canpan.info/organization/detail/1139801888

◆ユースペース卒業生Aさんからのメッセージ
僕がユースペースに来たのは高1の時でした。いつもトラブルメーカーで学校ではワースト3と呼ばれていました。ユースペースで家族の暖かさを体験し、嫌いだった小さな子どもたちや高齢者の方々とも親しくなりました。今は介護福祉士として仕事をしています。ユースペースではスタッフとしてかつての自分のような若者の自立支援をしています。

◆選考委員からのメッセージ
社会ニーズはあるにも関わらず、行政の支援が届きにくい内容であるため、他へのモデルになる事業として期待します。
地域や学校との関係性も生まれてきていることから、今後は企業との連携が進むことを期待します。

今後の活動予定:

この事業への寄付総額
77,000
寄付募集目標額
280,000円
(2014年10月1日〜2015年9月30日)
寄付する

事業概要

団体名NPO法人子どもの環境を守る会Jワールド
所在地〒270-344 松戸市新松戸4-257-1 ニューホームズ第一マンション1階
代表者理事長 三浦 輝江
電話047-344-0544
FAX
詳細情報さらに詳しい公開情報はこちら
ページトップ