right_image left_image

2019千葉県台風・豪雨災害支援基金

「2019千葉県台風・豪雨災害支援基金」は、2019年台風15号、19号、10月豪雨による千葉県内の被災地における支援活動を支えるために立ち上がった基金です。
県内で被災者支援活動を行う組織への助成を行う資金として活用させていただきます。 支援活動をつづけ、一人でも多くの被災者の方を支えるためにご支援をよろしくお願いいたします。

寄付募集総額:
5,000,000円
現在の寄付総額:
4,643,644円
実施団体:
公益財団法人ちばのWA地域づくり基金
実施期間:
2019年9月14日〜2020年2月29日

団体からのメッセージ

このたびの2019年台風15号ならびに台風19号、10月25日の大雨により被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。 現在も不自由な生活を強いられている方々がたくさんいらっしゃる現状を少しでも多くの方に知っていただき、全国からのご支援をお繋ぎしていきたいと思いますので、どうぞご支援のほどよろしくお願いいたします。

事業の目的

台風15号、19号、10月豪雨による被災者が一日も早く安心できる暮らしが取り戻せるよう、被災地・被災者のニーズに沿った支援活動、復興活動を支えます。

事業の概要

「2019千葉県台風・豪雨災害支援基金」とは被災者への支援活動を支える基金です。 
台風15号、19号、10月豪雨による被災者支援に取り組む組織を支援することで長期にわたる支援をそれぞれの専門性を活かしながら展開する後押しをすることで、復興をささえるための基金です。 お預かりしました寄付は、千葉県内唯一のコミュニティ財団である「公益財団法人ちばのWA地域づくり基金」が設置を行い、これまで培った県内のネットワークと助成事業の経験を活かして、支援活動への支援を行います。

事業の対象:
千葉県内で発生した台風15号、19号、10月豪雨災害に対する支援活動、復興活動
実施する地域:
台風15号、19号、10月豪雨による千葉県内の被災地域
実施期間:
2019年9月14日〜2020年2月29日

これまでの活動の様子

「2019千葉県台風・豪雨災害支援基金」特設サイトはこちら

採択状況はこちら

【当法人の動き】
・9月14日:理事、監事の合意により災害対応のための基金設置が決定
法人内の基金の種類:テーマ型基金
基金名「ちば台風15号災害支援基金」とする。
プレスリリース、特設サイト公開、寄付募集開始
・9月30日:南房総市、館山市現地ニーズ調査
・10月7日:助成公募開始
・10月14日:南房総市、鴨川市、鋸南町現地ニーズ調査
・10月16日:南房総市、館山市、鴨川市現地ニーズ調査
・11月6日:第2次助成公募開始

【会議出席】
・9月17日:第1回台風15号災害支援関係者打ち合わせ会参加
・9月26日:第2回台風15号災害支援関係者打ち合わせ会参加
・10月28日:第3回台風15号災害支援関係者情報共有会参加

【協力団体】
・一般社団法人全国コミュニティ財団協会
・特定非営利活動法人岡山NPOセンター
・公益財団法人みんなでつくる財団おかやま
・認定特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ

今後の活動予定:

この事業への寄付総額
4,643,644
寄付募集目標額
5,000,000円
(2019年9月14日〜2020年2月29日)
寄付する

事業概要

団体名公益財団法人ちばのWA地域づくり基金
所在地〒260-0033 千葉市中央区春日1-20-15篠原ビル301
代表者理事長 関谷 昇
電話043-239-5335
FAX043-239-5336
詳細情報さらに詳しい公開情報はこちら
ページトップ