イメージ

新型コロナウイルス対応緊急支援助成実行団体公募について

【公募受付は終了しました】

●趣旨
新型コロナウイルス感染拡大は、緊急事態宣言の発令をはじめ、「三つの密」の回避などの「新しい生活様式」を人々に求めることとなるなど、経済・社会にこれまでにない変化をもたらしています。感染拡大の影響により、新たな生活上の困難を抱える人々が増え、行政が対応困難な社会的課題が増えている一方で、こうした社会的課題解決に取り組む団体においては対面サービスやボランティアの確保や財源確保が困難になるなどの課題に直面しています。
行政では対応困難な社会的課題の解決に向けた民間公益活動の停滞は、その対象者の生活や困難な状況に直面している地域社会のみならず、民間公益活動を担う団体の事業継続に大きな影響を与えています。
新型コロナウイルス感染拡大により深刻化する課題に対して、一般財団法人日本民間公益活動連携機構(以下「JANPIA」という。)が、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(平成 28 年法律第 101 号 以下「法」という。)」に基づく指定活用団体として、民間公益活動を行う団体(以下「実行団体」という。)に対して助成を行う資金分配団体の公募を実施した結果、公益財団法人ちばのWA地域づくり基金(以下、資金分配団体)が採択されました。実行団体の公募については、以下の要項に沿って実施します。
※休眠預金等活用法などの詳細については、内閣府のホームページ(https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/index.html)をご覧ください。

●助成対象事業
本助成が対象とする事業は、社会課題の解決をめざす実行団体が実施する事業であり、JANPIAが提示する7つの「優先的に解決すべき社会の諸課題」のうち、「1)①経済的困窮など、家庭内に課題を抱える子どもの支援、2)②社会的孤立や差別の解消に向けた支援」を対象として、コロナ禍により生じた課題の解決を目指す事業です。

●ちばのWA地域づくり基金が実施する「地域連携型アフターコロナ事業構築」の概要
新型コロナウイルス感染症の蔓延防止対策や経済活動の停滞により経済的、精神的、身体的影響を受けたひとり親家庭、子ども、高齢者、生活困窮者など社会的孤立リスクの高い層のニーズに対応する支援活動に対し、家族環境、生活環境や経済状況、地理的環境によって格差が拡大しないよう、また当事者を支える支援事業が消滅または後退することによって二次的被害が生じることのないよう、以下の取り組みに公募助成を実施するものです。

A 「ひとり親家庭向けの個別アプローチと学習支援を地域福祉資源に接続し、支援の総体を拡充する事業」
B 「困窮者向けのアウトリーチと相談事業、住居支援を行い、福祉サービスへの接続と多様な働き方への支援を行う事業」
C 「社会的孤立リスクの高い層向けに地域資源を活かしたセルフケアプログラムを開発し、支援の総体を拡充する事業」
D 「地域の多様なステークホルダーが協働することによる、アフターコロナを見据えた新規企画事業」
※上記のいずれも地域のステークホルダーが連携して支援の総体を拡充する活動を推奨します。

●本事業を実施することによる事業実施後(1年後)以降に目標とする状態(短期アウトカム)としているのは以下の通りです。
・子ども、高齢者等の多様な居場所が地域に確保され、当事者が孤立を感じていない状態
・困窮者が公的支援につながり、住居を確保し、就労への意欲が生まれている状態
・実施事業が認知され、他の地域にも波及している状態
・事業実施の連携セクター間に、より良い関係が築かれ、他地域のモデルとなっている状態

【公募要領】
新型コロナウイルス対応緊急支援助成実行団体公募要領ダウンロードはこちら PDF形式
実行団体向け積算の手引きPDF形式
規程の整備についてPDF形式

【公募スケジュール】
公募期間:2020年8月7日(金)〜8月31日(月)
説明会(オンライン):8月7日(金)、8月11日(火)※終了しました
*公募説明会資料PDF形式
*質疑応答Q&A(更新)PDF形式
個別相談:公募期間中※下記、参加申し込みフォームからの事前予約
審査会議による審査・理事会での決定:9月中旬
実行団体決定の公表:9月25日頃を予定

【申請方法・手続き】
申請書類(様式1〜7)は下記からダウンロードしてください。
*公募要領及び申請書様式については、修正が加わる場合がございます。その際には当ページでご連絡いたしますので、ご確認をお願いします。
・様式1 助成申請書 PDF形式
(別紙1.欠格事由に関する誓約書、別紙2.業務に関する確認書、別紙3.情報公開同意書、別紙4.申請に関する誓約書を含む)
・様式2 団体情報 PDF形式Word形式
・様式3 事業計画書 PDF形式Excel形式
・様式4 資金計画書(8.18改訂) PDF形式Excel形式
資金計画書(記入例)PDF形式
・様式5 規程類確認書 PDF形式Word形式
規程類確認書(記入例)PDF形式
・様式6 役員名簿 PDF形式Excel形式
(※様式厳守となります。エクセルファイルにはパスワードをかけ、パスワードは、ファイルとは別に送ってください。)
・様式7 申請書類チェックリスト PDF形式Excel形式
・定款(必要に応じてその他事業報告書等の提出をお願いする場合があります。)
・前年度の貸借対照表
・前年度の損益計算書(活動計算書、正味財産増減計算書、収支計算書等)
<以下、コンソーシアムで申請される団体向け書類>
コンソーシアム協定書(案) PDF形式Word形式
※コンソーシアム協定書作成における留意点PDF形式
コンソーシアムに関する誓約書 PDF形式
(別紙1.欠格事由に関する誓約書、別紙2.業務に関する確認書、別紙3.情報公開同意書を含む)

公募期間中に必要書類をそろえ、(公財)ちばのWA地域づくり基金へ郵送するとともに、以下のメールへ申請ください。
※応募締め切り:8月31日(月)郵送必着、メールは16時まで受付(厳守)

郵送先:〒260-0033 千葉市中央区春日1-20-15篠原ビル301
申請用メールアドレス:info@chibanowafund.org

・すべての書類をzipファイルに圧縮して送ってください。
・メールの件名は「休眠預金緊急枠申請(団体名)」としてください。

【個別相談】
申請をご検討の団体向けに個別相談の場を設定しています。
新型コロナウイルスへの対応のため、オンライン(zoom)での開催としています。
次の日時より第3希望まで選んで参加申込みフォームからお申し込みください。
ご希望通りの調整ができない場合がございますが、その場合、日程について別途ご相談させていただきます。
8月17日(月)〜8月21日(金) 8月24日(月)〜8月28日(金)
時間枠(各日共通)①9:30〜10:30 ②11:00〜12:00 ③13:30〜14:30 ④15:00〜16:00

参加申込みフォーム https://forms.gle/h6kmwuaT5CN7Xopm9

【お問い合わせ】
公益財団法人ちばのWA地域づくり基金まで
info@chibanowafund.org

ページトップ